2008年09月09日

アディダスのウェア

アディダスのウェアってものごっつう欲しかったです。
小学生のころですが。
たしか、5年生か6年生のころでしょうか。
今から30年くらい前ですね。

え、30年も前なのか!・・・
そう思うと、アディダスもかなりの歴史ですね。

そのころとても流行っていました。
アディダスのウェア。
ウィンドブレーカーというのでしょうか。
ビニールでできたレインコートのような薄い薄いジャンパー。

あれで、左の胸にアディダスのマークのあるものが
一番かっこいいとされていました。

当然、私も欲しかったのです。

全員が着ていたわけじゃないですが、やはりそれを着ていると
周りは羨望の眼差し。

とても、とても憧れましたね。
アディダス。おー、アディダスよ。

あの、アディダスに袖を通したい!
ずっとずっと思っていました。

今でもそうですが、着る物はなんでもいいと思っているので
当時から、母親が買ってきた服を文句も言わずに着ていたのですが、
そのときばかりは、なんとしてもあのアディダスが欲しかったので
母親に懇願しました。

ところが、今もそうなのかもしれませんが、当時もアディダスは
高かったようです。

全く聞き入れられませんでした。

アディダスもそうですが、ウィンドブレーカーも当時としては
かなり珍しかったと思うのです。

でも、アディダスのウェアで無いと意味がありません。

決してウィンドブレーカーが欲しかったわけじゃないのですが、
何を勘違いしたのか、母親がウィンドブレーカーを買ってきました。

少し期待して、見てみると唖然としました。

アディダスどころか、
当時の朝やっていたTV番組「おはよう755」(セブンゴーゴー)
のロゴが入っていました。

かなりかっこ悪いなぁと思いながらも、
持ち前の着る物なんでも主義で着ていましたね。

今じゃ考えれられませんが。
posted by らくだ at 21:00| アディダス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。