2008年09月01日

レーシック手術の失敗が怖いけど

レーシック手術を受けようと思っています。
子供のときから、ずっと眼鏡をしていますが、これは本当に不便。
父親が眼鏡をかけていたんですが、それに憧れていて自分でも
目が悪くなってもいいとずっと思っていたんですね。

ところが、これが実に不便です。
特に、雨。
これが実に不愉快極まりない。
雨水がレンズに付着することが許せないんです。

だから、数年前まではコンタクトレンズをしていました。
これもかなり面倒でした。
特に洗浄するのがとても面倒だったので、
使い捨てコンタクトレンズを使っていましたが、
これがズレることがあるんですね。

なんかの拍子に、引っ繰り返るのです。
そんなことは、何万回も経験するのです。

それで、ここ数年はずっとまた、
めがねに戻っていますが、もういやですね。

レーシックで完全に視力を回復したいですね。

先月知り合った方が、昨年にレーシック手術を受けたそうです。
とても快適だとか。

でも、不安もありますよね。

レーシックが失敗したらどうなってしまうのか。
たとえ、レーシック手術が成功しても、数年先に失明してしまう
のではないのか。

色々と不安はありますね。

でも、悩んでいても仕方が無いと思っています。
どのみち、だんだん視力というか、眼力というか目力というか
いずれ老眼も進み、見えにくくなっていくのは必然でしょう。

それなら、現代の科学というか、医学にかけてみようと思います。

視力が回復することは長年の夢でもありますしね。

一応、夢に期限を!ということで
レーシック手術の期限を、2009年12月31日としました。

遅くとも、2010年の元旦には、視界が晴れる予定です!(笑)


でも、切らない選択肢もあるんですね。
51歳の方でも視力が回復したそうです。
ニンデンドーDSで視力が回復するかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓





ラベル:レーシック 失敗
posted by らくだ at 00:22| レーシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。